丸山不動産鑑定事務所
早期の相談が早期の解決につながります。まずはお気軽にご連絡ください。

【不動産鑑定士】 02/鑑定業界大手三社就職事情/オススメの不動産鑑定会社

2020.04.14 YouTube動画

今回の動画は視聴者の方から頂いた質問に回答する動画になります。

私が唯一誇れることは前職が大手不動産鑑定会社である大和不動産株式会社ということです!!!!!!

大和不動産株式会社は人に恵まれ、給料に恵まれ、本当に良い会社でした。

では、なんで会社辞めたんや?! というツッコミは心の中に留めてください<土下座>

時間がない方へ(書き起こし内容)

まず、大手三社とは

・一般社団法人日本不動産研究所(以下、「研究所」)

・大和不動産鑑定株式会社(以下、「大和」)

・株式会社谷澤総合研究所(以下、「谷澤」)

の三社をいいます。

私はこの中の「大和不動産株式会社」に在籍しておりました。

この三社の就職事情についてですが、鑑定会社といえども一般企業と同様で、採用したい社員は

・若い人
・高学歴
・ハイキャリア

の人を採用したいはずです。(まぁ、当然ですよね)

あとこれも一般企業同様かと思いますが、35~40歳で就職事情が変わります。(ここについては後ほど詳しくお話しします)

では、新卒、中途の順にお話をしていきます。

まず、新卒(大学在学中に鑑定士試験に合格した人)は、基本的に大手三社から内定が出ると思っていただいて結構です。

そもそも大学在学中に不動産鑑定士試験に合格する人は少ないので、若くて優秀な人は企業としても欲しいからですね。

次に中途採用ですが、20代の人は四大卒であれば、基本的には入りやすいです。

ただし、高卒の人は研究所は厳しいと思いますが、大和・谷澤であれば、入社できる余地はあると思います。

理由ですが、研究所の知り合いは皆さん大卒の人でした。なので、私のように高卒の人がいなかった、というのが大きな理由です。(ちなみに私の最終学歴は高校卒業です・・・涙)

逆に大和・谷澤には高卒の人がいましたので、高卒の人はこの二社に絞ることをおススメします。

30代の人もそこまで20代の人と大きく変わりませんが、35歳を超えると、前職のキャリアであったり、その人の鑑定歴というものが見られてしまいます。

そして40代になりますと、その人に一芸がないと入社することが難しくなります。

例えば、他士業の資格(弁護士、会計士、税理士等)を保有している、あるいは鑑定経験が一通りある(20代で鑑定士になり、30代で他業種に転職し、40歳になってまた帰ってくる)という方に限られます。

したがって40代で試験に合格しても一芸がない人は、大手三社への入社が難しくなります。当然ながら、企業側も40歳の人を一から育成する場合、教育コストがかかりすぎるからですね。

なので、一般企業同様、鑑定業界も40代となると、入社するにあたりハードルが上がってしまいます。

次に企業別の転勤事情ですが、研究所は年によって異なるようです。

ある年は入社後すぐに地方に飛ぶ、という場合があれば、ある年は鑑定士になるまでは東京、大阪といった都市部で働き、鑑定士になった後、地方へ飛ぶ、という場合もあるそうです。

ただ、最近では後者の考えが強いようでして、鑑定士になるまでは都市部で働き、鑑定士になったときに地方へ行くようです。

大和谷澤については、東京・大阪で鑑定士になるまで働き、その後、必要に応じて地方転勤となるパターンが多いです。

ただし、上記二社の場合は全国転勤の可能性があるものの、研究所ほどではありません。

そして最後に私のおすすめの鑑定会社ですが、それは

【大和不動産鑑定】です!

理由は、

・総じて給与が高い(気がした)

・質問をすると教えてくれる上司や先輩がいる(労働環境、人間関係に恵まれた)

・転勤の可能性が低い

・辞めた後でもお誘いの連絡をもらう

などが挙げられます。

なので、合格者の人あるいは転職を考えている鑑定士の人には、大和不動産鑑定株式会社をおススメします。

以上が今回の動画です。

ありがとうございました。

 

丸山不動産鑑定事務所は、<神川県横浜市>で開業した不動産鑑定事務所です。

県内では最年少の開業者ですので、お客様の事情に応じて迅速かつ丁寧な対応が可能です。

最近ではYouTuberとしてデビューさせていただきました(笑)

鑑定評価の必要性がございましたら、お気軽にご相談ください。

メールの場合:mail@maruyama-res-office.jp

電話の場合:090-9300-9694

※不動産鑑定士がどんな資格かな?と気になった方は費用が安いLECがオススメなので、資料請求だけでもしてみてください(特に大学生は就活に役立ちます)

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

 

« »