丸山不動産鑑定事務所
早期の相談が早期の解決につながります。まずはお気軽にご連絡ください。

【不動産鑑定士】 10/士業別の平均年収と平均受験時間/年収が高い士業/勉強時間が多い士業

2020.04.14 YouTube動画

これを見て、是非士業の道に進んでください。

時間がない方へ(書き起こし内容)

今回の動画は、前回挙げた鑑定士の平均年収を調べたサイトに

他の士業の平均年収 

その資格を取得するにあたり必要な勉強時間

が記載されていたので、これからその資格を取ろうと考えている人は、参考にして頂けると幸いです。


⬇︎⬇︎⬇︎不動産鑑定士の年収に関する動画はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

【不動産鑑定士】 09/不動産鑑定士の平均年収/独立した不動産鑑定士の年収


 

では、士業別の平均年収と平均勉強時間についてお話しします。

・弁護士➡︎平均年収:1,028万円、平均勉強時間:8,000時間

・公認会計士➡︎平均年収:926万円、平均勉強時間:5,000時間

・鑑定士➡︎平均年収:831万円、平均勉強時間:3,000時間

・税理士➡︎平均年収:1,042万円(※)、平均勉強時間:8,000時間

(※)この平均年収は税理士単体ではなかったです。他のサイトを見る限り、税理士単体では700~800万が平均年収と思われます。

・司法書士➡︎平均年収:630万円、平均勉強時間:3,000時間

・行政書士➡︎平均年収:600万円、平均勉強時間:750時間

・社会保険労務士➡︎平均年収:670万円、平均勉強時間:1,000時間

・中小企業診断士➡︎平均年収:500万円、平均勉強時間:1,000時間

・弁理士➡︎平均年収:700万円、平均勉強時間:3,000時間

という結果でした。※データ元はこちらになります。

一番年収が高い資格は弁護士で、低い資格は中小企業診断士でした。

一方で、勉強時間が多い資格は弁護士で、少ない資格は行政書士になります。

お金はもちろん大事ですが、士業の場合、なんと言ってもその人が何がやりたいのか、ということが大切になると思います。

したがって、年収に焦点をあてることは大切ですが、まずは「自分が何をやりたいのか」ということに焦点をあてて、その資格を目指した方がいいですね!

あとは、この平均年収というのは、あくまでも

平均

であるということです。

当然ながら、人によっては高い人低い人がいるはずなので、弁護士の人でも1,000万円を割る人もいるはずですし、逆に中小企業診断士で1,000万円以上という方もいるはずです。

なので、これが全てではない、というです。

以上が今回の動画になります。ありがとうございました。


⬇︎⬇︎⬇︎他士業の将来性に関する動画はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

【不動産鑑定士】 14/士業の将来性/将来はAIに代替されるのか?


 

丸山不動産鑑定事務所は、<神川県横浜市>で開業した不動産鑑定事務所です。

県内では最年少の開業者ですので、お客様の事情に応じて迅速かつ丁寧な対応が可能です。

最近ではYouTuberとしてデビューさせていただきました(笑)

鑑定評価の必要性がございましたら、お気軽にご相談ください。

メールの場合:mail@maruyama-res-office.jp

電話の場合:090-9300-9694

※不動産鑑定士がどんな資格かな?と気になった方は費用が安いLECがオススメなので、資料請求だけでもしてみてください(特に大学生は就活に役立ちます)

LECオンライン(東京リーガルマインド)

« »