丸山不動産鑑定事務所
早期の相談が早期の解決につながります。まずはお気軽にご連絡ください。

【不動産鑑定士】 121/山口先生が来てくれました〈2/3〉/行政法規の勉強、効率の良い勉強、予備校選びなど

2020.10.01 YouTube動画

 

時間がない方へ(書き起こし内容)

丸山:行政法規の勉強方法についてもお伺いしてもよろしいでしょうか。

山口:最初過去問を買ってもほとんど出来ないと思うんですよ。なので一巡目はテキストを読んで、その直後にやったらいいと思います。

丸山:最後は過去問を繰り返す、という勉強方法でよろしいですか。

山口:最後はそれで間違いないです。最初は好きなだけテキストを見てもらって、その直後に過去問を解く方がいいですよ。それでも結構忘れているものですから(笑)
大体、過去問を全て出来るようになれば、7割は取れるようになります。もちろん、本試験では過去問に出てない問題も出てくるけど、過去問に出た問題を自信をもって解けていれば7割はいきますよ。

~~~予備校選びについて~~~

山口:TACでもLECでも最後は自分がやるかやらないか、なので、それだったら費用が安いLECの教材でも十分だと思うんですよね。ただ一つ注意してほしいのは、LECは全体的な内容がアッサリしているので、その結果、ラクしたいという動機でLECを選ぶ人がいますが、それは間違えです
民法を例に挙げると、TACの論証例が300字あってLECの論証例が200字しかない場合に、TACのテキストであれば、20回回せば合格点に達するものが、LECの場合なら30回回す必要があるわけですよ。
なので、結局論証例が長くても短くても費やす努力の量は変わらないですから、そこをはき違えるとTACでもLECでも合格は出来ませんね。

丸山:私もYouTubeの質問で「効率のいい勉強方法ありますか?」っていうものが結構多いんですが、恐らく合格した人は「自分の勉強方法は効率がよかった」と思っている人はいないと思っているんですよ。合格者は泥臭く毎日勉強して、総量をこなして合格していると思いますので、そこを見ないでラクして合格できる方法はありませんか?って聞いてくる人が多いので、ここでそのようなことはないと断言してもらってもいいですか?(笑)

山口:あぁ、ないんじゃないですか(爆笑) たいていは勉強時間を増やすことが効率いいです。

~~~鑑定士版パーソナルトレーニングについて~~~

山口:今丸山さんがされているライザップですが、あれのありなしで合否が変わる人は6割くらいいると思いますよ。

丸山:本当ですか?私はもう手応えを感じていて、先生が仰った通り、勉強量が足りないから合格しないと思っていますが、パーソナルトレーニングを受講していただいている人は、みなさん勉強しているので、6割以上合格すると思っています。
以前調べたことがありまして、1年目の論文合格者は15%しかいませんでしたが、この理由は1年目は講義だけ聞いて勉強した気になっている人が多いからだと思っています。講義を聞くことでなんとなく勉強した気にはなるけど、いざ答練が始まると何も書けないことを認識します。しかし、その半年後には短答式がくるので、とりあえず短答対策はするけど論文の勉強が一切できず、そのまま本試験を迎えて論文が落ちる、という人が殆どなので1年目は合格率が低いと思っています。
しかし、パーソナルトレーニングの受講生はこの時期から論文を見据えて、毎日10時間は勉強しているので、恐らく来年の本試験までには3,000時間くらい勉強する計算になります。ここまですれば合格ラインにはのっていきますので、私としては6割以上の方が合格すると思っています。

山口:なので、丸山さんのライザップにはとても期待しています。

丸山:ありがとうございます。ただ、勉強すれば受かる試験とはずっと言っていますので、それを信じて勉強してくれていますね。
正直、そう考えないと自分の説明が出来ないんですよ。私は最終学歴が高卒ですし、その高校も偏差値44の工業高校でしたが、試験合格に向けた勉強はしていました。なので、勉強したから合格できたとしか思っていないので、勉強すれば合格できますよ、とはずっと言ってますね。

山口:その通りだと思います。ほとんどの人は本当に努力で合格できます。

~~~他士業との比較について~~~

山口:司法書士、公認会計士、司法試験は9割以上が専業ですが、鑑定士は兼業受験生の方が圧倒的に多いので、そういった面を考慮しても合格しやすいと思いますよ。それに税理士よりは合格しやすいはずです。税理士の場合は働きながら8~10年かかると言われますが、鑑定士は働きながらでも3年で合格する人が多いですからね。

 

以上が今回の動画になります。ありがとうございました。


⬇︎⬇︎⬇︎小澤先生の動画はこちらです⬇︎⬇︎⬇︎

【不動産鑑定士】 111/小澤先生が殴り込みに来ました〈1/3〉/経歴、経緯、勉強方法など

【不動産鑑定士】 112/小澤先生が殴り込みに来ました〈2/3〉/直前期の過ごし方、試験当日の心構え、アクシデント、受験生に向けたメッセージなど

【不動産鑑定士】 113/小澤先生が殴り込みに来ました〈3/3〉/依頼者、失敗談、AIの台頭、今後の鑑定士業界について


 

丸山不動産鑑定事務所は、<神川県横浜市>で開業した不動産鑑定事務所です。

県内では最年少の開業者ですので、お客様の事情に応じて迅速かつ丁寧な対応が可能です。

最近ではYouTuberとしてデビューさせていただきました(笑)

鑑定評価の必要性がございましたら、お気軽にご相談ください。

メールの場合:mail@maruyama-res-office.jp

電話の場合:090-9300-9694

※不動産鑑定士がどんな資格かな?と気になった方は費用が安いLECがオススメなので、資料請求だけでもしてみてください(特に大学生は就活に役立ちます)

LECオンライン(東京リーガルマインド)

 

 

 

 

« »