CATEGORY 判例(賃料)

判例(賃料)

有料老人ホームを営む賃借人による賃料額の確認と消費税相当額の返還請求が認められた事例

建物を有料老人ホームとして使用していた 賃借人が、賃貸人に対し、賃貸借契約は「住宅の貸付」にあたり消費税は非課税であったとして、賃料額の確認と過払いの金員の返還を求めた事案において、賃料のうち消費税額を除いた部分が有効と…

判例(賃料)

テナント賃料増額請求につき完全売上歩合賃料制から固定及び歩合の併用型賃料制への変更を否定した事例

駅ビルの運営会社がテナントに対し、店舗の賃料の増額と、完全売上歩合賃料制から固定賃料と歩合賃料の併用型賃料制(以下「併用型賃料制」)への変更を求めた事案において、 特段の事情のない限り、賃貸人の一方的な意思表示により完全…

判例(賃料)

テナント賃料増額請求につき完全売上歩合賃料制から固定及び歩合の併用型賃料制への変更を否定した事例

賃貸借契約当初の当事者間の特殊事情により賃料が著しく低額に設定されていた建物賃貸借契約につき、賃貸人が借地借家法32条の賃料増額請求権を行使した場合において、増額請求権行使時点の適正な新規実質賃料額と従前の約定賃料額の中…

判例(賃料)

賃料減額請求の和解成立後、再度5か月後に賃料減額請求を求めた借主の請求は信義則に違反ないし権利濫用とされ請求を棄却された事例

建物賃貸借契約締結後、借主が貸主に対し賃料減額請求の調停・訴訟を提起し、訴訟上の和解が成立したが、借主が5か月後に再度貸主に賃料減額請求を求めて提訴した事案において、借主の請求は信義則に違反ないし権利濫用とされ請求を棄却…