【就職】補助者の経験は就職時に役立つのか?

今日の動画は、質問の回答をします。

Q「論文試験後の就活に関してですが、不動産業界や鑑定士補助の経験がある人の方が、他業界からくる人より有利でしょうか。大手への入社を志望しています。ご教授願います。」

結論は、有利だと思うんですけど、ただその人の年齢とか経歴も当然見られると言いますか、極端な話し35歳で大卒で鑑定士補助歴が5年間ある人と22歳で鑑定士補助とかの経験はないけど試験に受かってきましたってなると、当然その若い人の方が採用されやすいっていうか就職には強いと思うので。

二人並んでて、卒業した大学、年齢が全部一緒。違うのは、経歴だけで片方は他業種、もう片方は鑑定補助経験あったり業界の経験がある。

となった時は、その経験がある人の方が、有利っていう風にはなると思うんですけど。

そもそも年齢で、片方は大学出て間もないとか。

年齢は二人同じだけど、例えば、もう一人の方は弁護士の資格を持っているとか。そういう色んな条件によって、これは変わるとは思うので。

結論、有利だとは思うんですけども、当然その人のそれ以外の部分も見られますし、他のライバルになるような大手を受ける方のそういった経歴とか学歴とか年齢も当然鑑定会社は見た上で、内定を出すと思いますので。

そこだけちょっとご留意いただければなとは思いますね。

以上が今回の動画になります。ありがとうございました。


⬇︎⬇︎⬇︎前職の動画⬇︎⬇︎⬇︎

【大和不動産鑑定で働きたい人必見】現役鑑定士がインタビュー/大和不動産鑑定株式会社のお二方に入社のキッカケ、業務内容について解説していただきました!


丸山不動産鑑定事務所は、<神川県横浜市>で開業した不動産鑑定事務所です。

県内では最年少の開業者ですので、お客様の事情に応じて迅速かつ丁寧な対応が可能です。

最近ではYouTuberとしてデビューさせていただきました(笑)

鑑定評価の必要性がございましたら、お気軽にご相談ください。

メールの場合:mail@maruyama-res-office.jp

電話の場合:090-9300-9694

※不動産鑑定士がどんな資格かな?と気になった方は費用が安いLECがオススメなので、資料請求だけでもしてみてください(特に大学生は就活に役立ちます)

LECオンライン(東京リーガルマインド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。